ふと道端を歩いていて、思ったこととか、考えたことを書き溜めてみています。来てくださってありがとう。


by hiro1650na
最近、素直に言葉をかけなくなりました・・・。

でも何か言葉がほしくて本を読んでみました。

山本文緒著「眠れるラプンツェル」という本です。
けっこう良かったです。
最後、なぜだか泣けてしまいました。
猫とか少年とか。その他もろもろ。
なんだかとっても、悲しい気持ちがたくさんあふれてきました。

いいものに出会うとなぜだか、泣けてしまいます。

なぜ、こんなにも人の心をうつものが書けるのでしょう??
心にまっすぐ入ってくる、そんな本を読んだとき。
そんで泣けたとき。
かなりストレスが飛んでくのがわかります。

自分もこんなふうに書けたらいいのに・・。

読んでみてください。
[PR]
# by hiro1650na | 2006-07-16 18:05 | 自分の進むべき道

いばら

人は誰だって
どこかに壁を
持って生まれてくるんだ

でも
それが僕たちには
とても大きな壁になって
相手が見えない
届かない・・・・・・・・・・・・・・・

だけど、君が歩いていくその道が
光でみたされるのなら

僕が歩いていくこの道が
いばらの道でもかまわない
[PR]
# by hiro1650na | 2006-03-05 17:57 | 徒然なる想い

離れ離れな心

僕は君が助かるのなら、
君がこの先も光のある道を歩いていけるのなら、
この身に何が起きても大丈夫。

君が幸せに笑っていらるのなら、
君に降り注ぐ悪いことは全て取り払ってあげる。

あの時、最後に君を見たとき。

君は笑ってくれたね。
でも、その笑顔はとてもとても痛々しくて。
それなのに、不思議と君はきれいだった。

僕が望むのは、幸せな笑顔なんだ。

どうか悲しみにくれないで。
僕はいつだって、ここから君を見ているから。
側にいられなくてごめんよ。

それでも心は君の側に
[PR]
# by hiro1650na | 2006-02-26 19:13 | 徒然なる想い
仕事の帰り道に、電車があと5分くらいで出てしまうということもあり。
ダッシュして駅まで向かっていたら・・・。
なんと足首をひねってしまいました。

ものすごい激痛が走り、歩くのもままならないかんじだったのですが。
どうしても電車に乗りたくて、そのまま走って。
その間はあまり痛くなかったのですが、
駅ついてから、さらに激痛に。
足を上げることができず、引きずってなんとか地元へと
帰ってきました。

途中途中、足を引きずる私を見る世間の方の冷たい目に
なんとなく傷ついてしまいました・・・・・・・。
なにせ階段の上り下りがまともにできないので、
邪魔なかんじだったのでしょう・・・。
たぶん、自分でも急いでいるときに誰かが階段をゆっくり
上ったり下りたりしてたらいやかもしれない・・・。
人間ってなんかいやですね。

結局、病院にいったら、小指の付け根辺りを剥離骨折しているとのこと。
でも、湿布薬くれただけで、特に大丈夫だっと言われました。

こんなに痛いのに????
本当かよ???

と、心の中で思いつつ。
病院から直でタクシーを呼び、家に帰りました。

足を引きずりながらの生活がしばらく続きそうです。

今度、誰かがなんとなく痛そうだったり苦しそうだったら
声かけてみようかな、大丈夫??って。
そんなことを思いつつ。
足が早く治るように、今日は早寝します。
[PR]
# by hiro1650na | 2005-09-23 18:18 | 自分の進むべき道

本当はね

本当はね、君の側にずっといたかったんだ
本当はね、君さえいれば何もいらなかったんだ
ずっとずっと守りたかったんだ・・・・・・・

君の笑顔があれば、僕は何があっても大丈夫
だから泣かないで
笑っていて
涙を拭いて

僕が涙を拭いてあげたいけれど
僕の手はもう君を通り抜ける
もうすぐ消えてしまいそうだ

本当はね、もっともっと生きていたかった
本当はね、いつまでもいつまでも
君を抱きしめていたかったんだ・・・・・・

僕のことを忘れてしまっても
君ならきっと生きていける
僕は君の側に
姿は見えなくても
君の側にいるから

僕を思い出す時は、どうか笑っていて
そうすれば笑顔で会えるから
[PR]
# by hiro1650na | 2005-08-26 21:55 | 徒然なる想い

待っていて

今すぐ、どこへでも行ってかまわないとしたら
迷わずに、まっすぐ、あなたの元へ行くでしょう。

あなたの姿が私から見えないとしても、

あなたが私のことを思っていてくれる限り
私があなたのことを思っている限り

私はあなたを見つけることができるでしょう。

勝手についてしまった手かせ足かせを置いて
背負ってしまった荷物をおろして
あなたの元へ行きましょう。

手かせがついていた手に羽を生やして
足かせがついてた足で大地を蹴って

きっと、どこまででも飛んでいくことができるでしょう。

だから、そこでそのまま待っていて。
必ず、あなたを、見つけ出してあげるから。

その先にある不幸なことも幸福なことも
きっときっと、二人なら大丈夫。
[PR]
# by hiro1650na | 2005-08-21 17:39 | 徒然なる想い

大事

どうすればいいのかな・・

守りたいと思うものが出来たとき
自分には何かできるのかな

大事で大事で仕方ないものがあって
そしたら失うことがとてもとても
こわくなって
いつもいつも心配していた
失ったら自分は壊れしまうかもしれない
そんなことばかり考えていたんだよ

結局、失ってしまって
あなたはもう戻ってはこない

失ったときの自分はあまりにもひどかった
毎日、涙を流して
いないのに、いるような感覚を覚えて
空に話しかけてみたり

新しく大事で大事で仕方ないものができてみたらね
今度は失ったときの自分がわかっているから
また怖くなったんだ
今度、失ったら立ち直ることできるのかな
自分を見失わないでいられるかな

とてもとても怖いよ
[PR]
# by hiro1650na | 2005-08-07 21:19 | 徒然なる想い

突き刺さる

「君は自分のことしか考えていない」
「自分が一番正しいと思っているだろう」

どちらも私に向けられた言葉。
ものすごく、つらかった。

ただ、まっすぐに生きようとするだけなのに。
なぜ、そんな風に責められなければならないの??

自分が正しいと思うことを、
いやだと思うことはしないことを、
なぜ責められなければならないの??

心の中で上手く整理できない。

これでもね。
相手を思いやろうとするんだよ。
考えて考えて結論を出すのに。
全部、私の思ったとおりの結果にならない。
そんなことは当たり前だってわかっているけれど。
生き方そのものを否定されたようで
とても悲しかった。

それでもね。
私は「私」にしかなれないから。
「あなた」にはなれないから。

それでもね。
もう、精一杯生きていくしかない。
進むべき道がそこになくても。
となりに「あなた」がいなくても。
[PR]
# by hiro1650na | 2005-07-17 14:49 | 徒然なる想い

変わっていく心

もう1年もたってしまったんだね。
今日はあなたと「さよなら」をした日。

ついさっき、写真を見つけて顔を見ていたら
ふいに涙が出てきた。
それなのに不思議だね。
顔を思い出すことは出来るのに、
どんな声をしていたのか思い出せない。

はじめて会った日のことは今でも覚えているし、
「さよなら」した日のあなたの顔も覚えている。

なのに、どんな声をして、
どんなふうに動いたのか思い出せない。

最初はね、忘れることが怖かった。
忘れていくことは、できないって思ってた。

なのに、どうしてだろう。
もう思い出すことはできなくて。

私の心に、あなたは確かにいるのに。
それとも、それは幻なのかな。
それとも、私の心は変わってしまったのかな。

でもね、今でもどこかで私を見ていてくれるって
そう信じているの。
不思議だね。
[PR]
# by hiro1650na | 2005-06-12 17:03 | 徒然なる想い

違う世界

今、どんな顔して、
どんな服を着て、
誰といるの???

今でも好きなあの人は
今どこで何をしているのかって
考えてしまう。

結局、忘れることはできないみたい。

はじめて好きになった人だから。
心の底から好きになれた人ははじめてだった。

あなたが生きている時間は
たしかに私と同じ時間のはずなのに。
もう重なることはない。
まったく違う世界に行ってしまったかのように。
そこにはきっと私の知らない人がたくさんいるんだね。

あなたより好きな人に会えるかな。
いつまでも、心の底にあなたがいて、
まるで、抜け出せない底なし沼みたい。
[PR]
# by hiro1650na | 2005-06-01 17:12 | 徒然なる想い